今年夏のボーナス6年ぶり減…物価上昇に追い打ち

日本経団連が23日までに発表した大手企業の今年夏の賞与(ボーナス)の交渉妥結結果(最終集計)によると、妥結額(加重平均)は昨年夏と比べ0.08%減の90万9519円となり、6年ぶりに前年水準を下回った。

 原油、資源価格の高騰や米国景気の減速を背景に、企業業績の先行き悪化懸念が強まり、ボーナス抑制の動きが広がった。国内の物価上昇傾向と相まって、今後個人消費の足を引っ張りそうだ。

 製造業は0.20%増の93万2782円。非製造業は1.51%減の84万98円と明暗を分けた。

 食品が5.38%減の78万1057円、鉄鋼が5.02%減の104万4674円と落ち込みが大きかった。自動車は0.90%減の105万4854円と3年ぶりに前年夏を下回った。電機、造船や紙・パルプは前年水準を上回った。

 集計は大手263社を対象に実施し、平均妥結額が判明した173社をまとめた。

 食料品やガソリンなど必需品が軒並み値上げラッシュに見舞われる一方、サラリーマンのフトコロは細るばかり。

 専門家からは「今後、消費者の財布のひもはますます固くなり、物やサービスが売れなくなっていくだろう。それがメーカーやサービス業などの業績不振につながり、所得がさらに下がっていく−といった“負の連鎖”を生む恐れがある」(エコノミスト)と警戒する声も出ている。

【主な業種の夏季賞与・一時金妥結結果】

非鉄・金属 82万4040円 1.50%

食品    78万1057円▼5.38%

繊維    78万9122円▼1.76%

紙・パルプ 74万1917円 4.20%

印刷    59万9093円 3.31%

化学    85万0739円▼1.93%

ゴム    76万4108円 3.23%

セメント  68万3707円▼1.61%

鉄鋼   104万4674円▼5.02%

機械金属  86万9436円40.13%

電機    83万7497円 5.53%

自動車  105万4854円▼0.90%

車輌    63万1279円 4.10%

造船    83万4640円 4.49%

総平均   90万9519円▼0.08%

*%は昨年夏と比べた増減率。▼はマイナス


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。