クラシック

クラシックと弁護士会との組み合わせが成功すると良いですね。

異色のコラボ…弁護士会館でクラシック演奏
お堅い場所で癒やしのひとときを。大阪・御堂筋周辺で9月2〜8日に演奏会を開く「大阪クラシック」のオープニング会場に大阪弁護士会館が選ばれた。「敷居が高い」「近寄りがたい」とのイメージを持たれがちの法律家の館と音楽。関係者は、意外な取り合わせに期待を寄せている。

 大阪クラシックは、大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督、大植英次さんが「市民が親しめる音楽の日を」と提唱し、昨年スタート。今回はデパート、銀行、カフェなど19会場を舞台に、60公演を予定している。

大阪フィルハーモニー交響楽団(おおさか - こうきょうがくだん、Osaka Philharmonic Orchestra)は、大阪市に本拠をおく日本を代表するオーケストラ。




2003年に大植英次が音楽監督に就任し、同年5月9日及び10日のザ・シンフォニーホールでの音楽監督就任披露演奏会でマーラー交響曲第2番「復活」、2005年3月20日サントリーホールでの就任後初の東京定期演奏会でマーラー第6番「悲劇的」を取り上げ、いずれも大成功を収めた。大植英次の指揮で、定期演奏会では演奏会形式のオペラ(サムソンとデリラ(2004年)、トスカ(2005年))も披露しているほか、近代曲などもとりあげている。




朝比奈隆の時代から、ヨーロッパ(とりわけドイツ,オーストリア)のオーケストラの音に連なる、独特のいわゆる「大フィルサウンド」に固定ファンも多く、大フィルの音はすぐにわかる(ほど個性的)、と評される。朝比奈隆時代の最後は、コンサートマスターに岡田英治と梅沢和人、第二ヴァイオリンの首席に藤井允人を擁していた。2004年9月から、梅沢和人に加え、首席コンサートマスターロバート・ダヴィドヴィッチ(Robert Davidovich)、首席客演コンサートマスター長原幸太が就任。2006年4月から、首席コンサートマスター長原幸太、コンサートマスター梅沢和人の体制になった。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。